ニュース 2022 5/9月曜日

 

脳神経外科学講座 小野隆裕 助教が著者となる学術論文が国際誌『Acta Neuropathologica』に掲載されました。

論文タイトル:
Oligosarcomas, IDH-mutant are distinct and aggressive.

著者名:
Suwala AK, Felix M, Friedel D, Stichel D, Schrimpf D, Hinz F, Hewer E, Schweizer L, Dohmen H, Pohl U, Staszewski O, Korshunov A, Stein M, Wongsurawat T, Cheunsuacchon P, Sathornsumetee S, Koelsche C, Turner C, Le Rhun E, Mühlebner A, Schucht P, Özduman K, Ono T, Shimizu H, Prinz M, Acker T, Herold-Mende C, Kessler T, Wick W, Capper D, Wesseling P, Sahm F, von Deimling A, Hartmann C, Reuss DE.

掲載誌:
Acta Neuropathologica

研究等概要:
Gliomaの代表的腫瘍分類の1つにoligodendrogliomaがある。本腫瘍は一般的に増大は緩徐で、治療反応性は良好である。しかし、再発時に急激に悪性化する症例があり、oligosarcomaと呼ばれていたが、その本態は不明であった。本研究ではoligosarcomaはCDKN2A/Bの欠失、H23K27のtrimethylationの増加、時に1p/19q共欠失のcopy neutral LOHを示すなど、特徴的な遺伝子変化を示すことを報告した。
本研究はこれまで不明とされてきたoligodendrogliomaの再発様式や、悪性化機序を明らかにするものであり、将来的なWHO脳腫瘍病理分類の改定に大きく関わると予測される。

参考URL:
https://link.springer.com/article/10.1007/s00401-021-02395-z